『チャットボット』の利用にかかる料金内容や相場とは?

piggy bank

あらゆる企業のサービスサイトやECサイトなどを閲覧していると、「困っていることはありませんか?」と尋ねてくるチャット画面を目にすることはありませんか?

それは、自動会話プログラム の「チャットボット」です。
これまでユーザーが疑問を持った際に、サイト内のFAQから同じような疑問を探したり、電話やメールで問い合わせを行い解決することが主流とされていました。
チャットボットは、チャット画面に質問を入力したり、選択することで即座に疑問を解決に導いてくれる新たなツールのことです。
近年では、費用対効果が大きいと評判で、現在多くの企業に注目され取り入れられています。

この記事では、チャットボットの導入方法や価格相場、料金体系、おすすめのツール作成サービスについて紹介していきます。

おすすめのチャットボットツールはこちら

費用対効果の高いチャットボットをご紹介しています。

この記事の目次

    そもそもチャットボットの導入方法とは?

    chatbot_question

    チャットボットを導入するには、どのような方法があるのでしょうか。

    チャットボットの特徴として、ユーザーがボット上で入力・選択した質問に対して、自動回答を行うということがあります。これには、過去のデータを元にあらかじめまとめておいた質問内容とそれぞれに合った回答をプログラムにインポートする作業が必要となります。

    導入するには、大きく分けて以下のような2つの方法があります。

    • 自社で開発
    • チャットボット作成ツールを利用

    自社で開発を行うのか、ツールを利用して導入するのかによってかかるコストも変わってくるので、それぞれ詳しく説明していきます。

    自社で開発する

    チャットボットを自社で開発を行うメリットとして、自社のサイトやイメージに合ったデザインを作れることや、独自性のある機能を持ったチャットボットが作成可能です。

    1から設計、開発を行うには自然言語処理を熟知し、高度なプログラミング技術を持ったエンジニア社員が必要となります。専門のスキルを持った社員がいない場合は、新たに人材を採用したり、開発を外部に委託という選択案もあります。
    しかし、人材確保までに至る時間や委託費用などを考慮すると、人的コストが多くかかり負担が大きいというデメリットがあります。

    また、データ収集などやプログラミング作業にかかる手間や労力、利用開始までの時間なども考えると、簡単且つスピーディーに導入したい場合には、自社で開発を行うということは向いていないといえるでしょう。

    チャットボット作成ツールを利用する

    チャットボットの導入には、作成ツールを利用する方法があります。
    一般的にチャットボットの導入には、ツールを利用している企業が多いようです。

    チャットボット作成ツールを利用するメリットとして、自社で開発した場合と比べ、手間も時間もかけずにスムーズに導入できることが挙げられます。また、プログラミングなどの専門知識がない方でも、簡単にチャットボットの設定が可能です。
    チャットボットは現在多くの企業から注目されているため、年々ツールの種類も増え、サービス内容も豊富になりつつあります。まずはツールの資料をダウンロードするなどして、複数のツールを比較していくといいでしょう。

    さらに、チャットボット作成ツールは、比較的費用をかけずに導入できることも注目されている要因のひとつです。
    では、チャットボット作成ツールの発生料金や料金相場はどのようになっているのでしょうか。次の章では、チャットボット作成ツールの利用にかかる料金について詳しくご紹介していきます。

    チャットボット比較表

    チャットボット作成ツールの利用にかかる料金とは?

    money

    「チャットボットを導入したいけど、費用はかけたくない」という企業も多いでしょう。ツールの料金体系は、どのようになっているのか気になるところです。

    導入時に発生する料金を大まかに分けると、「初期契約料金」「シナリオ作成料金」「設置料金」「運用にかかる料金」などの料金が発生することが多いようです。
    基本的には上記で挙げた料金が発生することが多いですが、利用する作成ツールによって料金の内容は変わりますので事前に問い合わせて確認するようにしましょう。

    導入時にかかる料金

    ここでは、チャットボットの導入にかかる料金はどのようなものなのかを詳しく説明していきます。
    前述したそれぞれの発生料金の内容を把握することで、導入イメージを掴むことができるかと思います。

    契約料金

    契約料金とは、契約時にかかる費用のことです。
    ツールによっては初期費用と表示される場合もありますが、導入時に支払う契約料金と変わりありません。

    契約料金には、ツールによって提示する金額にばらつきがあります。中には、契約料金を0円と謳っているツールもありますが、契約後の追加料金の発生により高くつく場合もありますので注意が必要です。
    逆に初期費用の契約料金が高い場合では、1年契約などの固定プランの導入設定となっており、追加料金などが発生しないこともあり、長期運用をしていくことで結果的にお得になることもあります。

    カスタム料金

    カスタム料金とは、チャットボットのデザインをカスタマイズしたいときや、機能を追加するときにかかる料金のことです。
    チャットボット作成ツールでは、いくつかのテンプレートの中からデザインを選ぶことが多く、サイトデザインにこだわっている企業からすると、少し物足りないと感じるかもしれません。そんな場合にデザインをカスタムすることで、サイトに合ったデザインのチャットボットを作成することができます。

    また、チャットボットの導入目的が「話題性を集める」ことである場合、デザインをカスタムすることがおすすめです。話題性を集めることを目的としている場合、インパクトが強く独自性のあるチャットボットを作成する必要があります。例えば、公式キャラクターを保有している場合、そのキャラクターと会話をしているようなデザインにするなどです。独自性のあるデザインにすることで、ユーザーに興味を持ってもらうことができます。

    デザイン以外にも、機能を追加するとカスタム料金がかかるというツールがあります。カスタム料金を追加で支払うことで、SNSと連携できたり、CRM(顧客管理システム)など別システムと連携できる機能が多いようです。
    「自社に必要な機能が、ツールAではカスタム料金が発生するが、ツールBでは料金が発生しない」といった場合もあります。ツールに搭載されている機能は詳細まで確認し、よく比較検討するようにしましょう。

    設置料金

    設置料金とは、作成したチャットボットをサイトに設置するときにかかる料金のことです。

    チャットボットは、自社サイトにソースを追加して好きな場所へ設置ができます。ソースがうまく追加できずにチャットボットがうまく表示されないケースや、サイトのほか部分にまで影響を与えてしまう可能性もあります。
    Webサイトの構造に詳しい社員がいないという企業は、無理をせずに料金をかけてでも設置を代行してもらったほうがいいでしょう。

    月額利用料

    これまでは、導入までにかかる料金体系を説明してきました。

    運用にかかる料金とは、導入後にランニングコストとして毎月かかる料金のことです。

    月額の料金は、半年や1年と期間で契約を区切ったり、時間の従量制により加算されたりと各ツールによって料金体系は異なります。また、利用するユーザー数やチャットボットの使用頻度によって、料金が変化するケースもあるようです。

    毎月料金がかかると、「チャットボット作成ツールを利用すると、割高なのではないか」と感じる方もいるかと思います。しかし、「チャットボットの導入で問い合わせの数が減る→対応スタッフの人件費を抑えることができる」という長期的な目線で考えると、結果的にコストを減らすことができるといえます。

    契約料金に加えて、継続的にかかる運用料金も事前にしっかりと確認することが重要となってきます。

    サポート料金

    サポート料金とは、チャットボット導入後に有料にてきめ細やかなサポートやコンサルティングを受ける際にかかる料金です。契約料金や月額料金とは異なり、必ず発生する料金ではありません。

    チャットボット導入後は、ビジネスの状況や利用履歴を基に、適切なF&Qの追加・調整・編集を繰り返してこそ、高い運用成果へと繋げることができます。

    専門的な知識や経験が必要となる場合も多いため、運用サポート・運用コンサルティングがオプションとして用意されているツールもあります。

    チャットボットのサポート料金は、月額料金に含まれていたり、無料で運用サポートを行っていたりと、内訳はツールによってさまざまです。

    チャットボット作成ツールの利用にかかる料金相場

    money-search

    チャットボット作成ツールの料金相場は、導入を検討している誰もが気になる点でしょう。実際の料金相場はツールの機能・性能・サービス内容によって大幅に異なり、大きく分けると以下3つの料金相場に分けられます。

    低価格帯(月額5万円以下・導入費用0~数万円程度)

    AI非搭載のチャットボットが中心となります。シンプルなシステムである場合は導入費用もほぼ必要ありません。

    中価格帯(月額10~30万円・導入費用数万円~数十万円)

    月額10万円を超えたあたりから、AI搭載型のチャットボットが中心となります。カスタマイズは不可もしくは簡易的なツールが殆どです。

    高価格帯(月額30万円以上・導入費用数十万~100万円以上)

    高価格帯のチャットボットは、基本的にAI搭載型で柔軟なカスタマイズが可能です。細かい設定やカスタマイズでベンダーとのやり取りも多いため、導入費用も高額となります。

    チャットボット作成ツールの料金相場は、基本的に機能・性能が優れているほど高額となります。特に、AI搭載の有無やAIの性能は、料金を左右する大きな要因と言えるでしょう。

    初期費用については、設定項目・カスタマイズ項目が多い本格的なシステムであるほど高額となる傾向にあります。

    チャットボットの導入を失敗しないためには…?

    ここでは、チャットボットの導入に失敗しないために注意することを以下にまとめてみました。

    まずは現在の課題を洗い出す

    そもそもチャットボットを導入する目的は何か、現状の課題を洗い出すことから始めましょう。「ユーザーから同じような質問が多く、対応スタッフの業務を圧迫している」「ユーザーとの接点を増やしたい」「話題性を得たい」など、企業によって課題はさまざまです。

    課題がはっきりすると、どんなチャットボットを導入すべきか、チャットボットに必要な機能などが明確になります。
    高いオプション料金をかけて追加機能を付けたのにも関わらず、いざ運用してみると使わないとなっては費用が無駄になってしまいます。まずは事前準備として、現状の課題を洗い出してみると良いでしょう。

    無料トライアルを活用する

    チャットボット作成ツールでは、無料トライアル期間を設けていることが多いです。
    無料トライアルを活用することで、自社に合うか検討することができますし、機能性を確認できます。

    以下のコラムでは、無料トライアル期間が設けられているツールをご紹介しています。
    ぜひ、こちらもあわせてご一読ください。

    インターフェイスの選定を誤らないようにする

    チャットボットを有効なものにするためには、インターフェイスの選定、つまり「どこにチャットボットを出現させるかの判断」を誤らないようにすることが重要です。せっかく導入したチャットボットも、配置する場所によってはユーザーに使ってもらえなかったり、そもそも見つけてもらえなかったりする可能性があります。

    例えばさまざまな企業のサイトでよく見られるのが、ページの下部にチャットボットが小さく表示される「小窓形式」です。その他にもLINEアカウントやFacebookコメントなどのSNS上でチャットボットを運用することもあります。

    また、正しくインターフェイスを選定する上で、忘れてはならないのが導線設計です。ユーザーが分からないことや、もっと詳しく知りたいことがあったときに、スムーズにアクセスできる場所に設置されていなければチャットボットは役に立ちません。

    導線設計を適切なものするためには、ターゲットとしているユーザーが情報にPCからアクセスすることが多いのか、あるいはモバイル端末からアクセスすることが多いのか、ふだん利用しているアプリは何なのかといったユーザーの動きをしっかりと分析する必要があります。その分析に基づき、ユーザーの邪魔にはならず、必要としたときにはすぐにアクセスできるチャットボットのインターフェイスを選びましょう。

    操作性の高いチャットボット作成ツールを選ぶ

    チャットボットは、回答の精度が高まるように何度もデータを登録・追加・調整を行ってブラッシュアップしながら使う性質を持ちます。そのため、手軽にデータの登録・追加・調整ができる操作性が優れたツールを選ぶことが非常に重要です。

    操作性が悪いとチャットボットのブラッシュアップが難しく、思うような運用ができなかったり運用安定化まで時間がかかったりしてしまいます。

    チャットボットをスムーズに運用するためにも、専門的な知識が無くとも容易に操作できるツールを選ぶようにしましょう。

    料金に対して導入効果の大きいチャットボット作成ツールを選ぶ

    チャットボットの導入には、初期契約費以外にも、運用を続けていく上でランニングコストが必要となります。業務を効率化するためにチャットボットを導入したのに、かけた費用に対して思うような効果が出なかった、という結果は避けたいものです。
    そこで、料金に対する導入効果が大きいチャットボット作成ツールを選ぶために、チェックしておきたいポイントをいくつか紹介します。

    1契約で複数サイトに設置できる

    チャットボット作成ツールの中には、1つの契約で複数のサイトに設置できるものもあります。コストパフォーマンスを重視する場合は、同じ料金で複数サイトに設置できるツールを選ぶことがおすすめです。

    サポート体制が整っている

    チャットボットの導入を検討しているものの、どのように運用すればいいか分からないことが、導入のハードルとなっている企業も多いでしょう。担当者がチャットボットの運用の仕方を、イチから学ぶ必要があると、かけた料金に対しての効果が確認できるまで長い時間がかかります。

    しかし、ツールの初期設定やチャットボットの設計など、運用開始時のサポートだけでなく、運用開始後の効果検証や改善点の提案といったコンサルティングサポートを無料で受けることができるツールがあります。そういったツールを選ぶことで、手間も時間もかけることなく、効率的にチャットボットの効果を実感できるでしょう。

    多くの機能が搭載されている

    チャットボットの導入によって多くの効果を生み出すためには、できるだけ多くの機能が使えるツールを選ぶといいでしょう。
    注意すべき点は、機能の多さを売りにしたツールであっても、実際にはその機能のすべてを使おうとすると追加で料金が発生する場合があるということです。よって決まった定額料金で多くの機能のすべてが使用できるツールが、コストパフォーマンス的にはもっとも優れています。

    有人対応可能なツールを選ぶ

    チャットボットには、無人対応だけでなく有人対応が搭載されており、切り替えが可能な製品もあります。どちらのタイプでも問い合わせ対応を行うことは可能ですが、基本的には有人対応可能なツールを選ぶことがおすすめです。

    チャットボットの性能は進化しており、多くの問い合わせを無人で自動対応することが可能ですが、すべての対応を任せるのは難しい場合があるためです。F&Qでは対応できない問い合わせや複雑な問い合わせなど、有人でないと対応できない内容もあります。

    有人対応に切り替え可能なツールであれば、このようなケースが発生した場合には、オペレーターに対応を引き継ぐことが可能です。

    無人対応ができない問い合わせをフォローできないと、顧客満足度低下や失客に繋がる場合もあるため、チャットボットは有人対応可能なツールを選ぶようにしましょう。

    複数デザインから選べる

    設置するチャットボットのアイコンや、色味、フォントサイズといったデザインがいろいろ選べるツールであれば、サイトや企業のイメージに合ったボットを作成することができます。これにより、ユーザー体験をより豊かなものとし、満足度を向上させることや、自社や商品に対して親しみを持ってもらうことが期待できます。

    また、チャットボットをPC、スマホ、タブレットといった異なる端末から閲覧するユーザー向けに、それぞれ見やすいデザインに最適化して表示することができるツールもあります。モバイルアクセシビリティ対応の観点からも、デザイン選択の機能はツールを選ぶ上で欠かすことのできないものです。

    効果測定を欠かさない

    チャットボットの導入により、業務を効率化させるにはチャットボットの効果測定を欠かさないことです。導入したものの効果が把握できていないと、導入費用に対して十分なメリットが得られているのかが分からず、今後の方針案を立てることもできません。

    「導入前より、問い合わせの数が◯%減った」「導入前より、◯時間スタッフの残業時間を削減できた」など、導入前と導入後を比較するために、あらかじめチャットボット導入前の状況をよく把握しておきましょう。

    効果測定データをもとに、チャットボット設定のPDCAサイクルを回すことで、ツールの導入をより効果的なものにできます。

    おすすめチャットボット作成ツール

    チャットディラーロゴ

    機能性・利便性・コストパフォーマンスに優れたチャットボット作成ツールをお探しの方は、弊社が提供する「チャットディーラー」がおすすめです。

    同ツールはカスタマーサポート向けタイプと社内ヘルプデスク向けタイプの2種類をリリースしており、目的や用途に合わせて導入することで、高いパフォーマンスを発揮することができます。

    チャットディーラーの両タイプの機能・特徴・おすすめポイントについて、それぞれ以下にご紹介します。チャットボット作成ツールの導入を検討している方は、ぜひご参考下さい。

    カスタマーサポート向けタイプ

    カスタマーサポート向けタイプのチャットディーラーは、さまざまなインターフェースに設置可能で高い汎用性を持つチャットボット作成ツールです。社内外のあらゆる問い合わせ業務を劇的に効率化することができます。

    主な特徴・機能・おすすめポイントについて以下にご紹介します。

    • ECサイト・サービスサイト・SNS等、さまざまなインターフェースに設置可能
    • チャットボットの自動対応により業務効率化・業務負荷軽減を図れる
    • 充実したレポート・分析機能によりサービス・業務の改善を図れる
    • 無人対応・有人対応の併用が可能であるため柔軟な問い合わせ対応を実現
    • 導入・初期設定・運用後の効果検証まで専任コンサルタントが徹底サポート

    カスタマーサポート向けタイプのチャットディーラーは、優れた機能を持ちつつも圧倒的な低価格を実現。1契約で5ドメインまで設置できるため、社内外の問い合わせ業務を一括で対応することが可能です。

    問い合わせ業務の効率化・負担軽減に役立つチャットボット作成ツールをお探しの方は、ぜひご検討下さい。

    チャットディーラーについて詳しくはこちら

    社内ヘルプデスク向けタイプ

    社内ヘルプデスク向けタイプのチャットディーラーは、幅広い部署で活用できるAI搭載型のチャットボット作成ツールです。主な特徴・機能・おすすめポイントを以下にご紹介します。

    • 情報システム・総務・人事・経理・労務といった主要部署で利用可能
    • 複数部署でまとめての利用や併用も可能
    • 学習済AI搭載・豊富なテンプレート搭載であるため最小限の負担で速やかな導入が可能
    • 他のAI搭載チャットボットよりも圧倒的な低価格で導入可能
    • 追加費用無しで導入・運用・効果検証まで専属コンサルタントが徹底サポート

    社内ヘルプデスク向けタイプのチャットディーラーは、スムーズに導入できてコストパフォーマンスにも優れたチャットボットです。チャットボットで社内業務の効率化・生産性向上を図りたい方は、ぜひご検討下さい。

    社内ヘルプデスク向けタイプのチャットディーラーについて詳しくはこちら

    まとめ

    この記事では、これからチャットボットの導入を検討されている方に向けて、導入方法や導入にかかる料金、料金相場をご紹介しました。

    導入には、簡単に時間もかけずにチャットボットを作成・設置できる「チャットボット作成ツール」を利用することが一般的です。
    ぜひチャットボット作成ツールを選ぶ際には、本記事でご紹介した発生料金や料金相場を参考にしてみてください。

    • 執筆者:ボットマガジン編集部
    • この記事を書いた人

      ボットマガジン編集部

      ボットマガジン編集部です!チャットボットについて、タイムリーでお役立ちな情報をお届けします。

    関連する記事

    close
    AI型?シナリオ型?チャットボット比較表