チャットボット作成ツールのトライアルを有効活用するためのすゝめ

chatbot-easy

最近、インターネット上で「チャットボット」を目にすることはありませんか?
サイトで「お気軽にご質問ください」と話しかけてくるチャット画面をチャットボットといいます。

そもそもチャットボットは、「対話(chat)」と「ロボット(bot)」を組み合わせた言葉で、ユーザーと企業をつなぐ新たなコミュニケーションツールとして注目されています。
「自社でも導入してみたいけど、導入が難しそうだし、運用を続けていく自信がない」と不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

導入を悩んでいる方に、ぜひ検討してほしいのが、「チャットボット作成ツール」です。
チャットボット作成ツールを上手に活用すれば、チャットボットが簡単に導入・運用できます。

この記事ではチャットボット作成ツールのトライアルに注目して、気になるポイントを詳しく紹介します。チャットボット作成ツール導入に向けて参考にしてみてください。

おすすめのチャットボットツールはこちら

無料で即日トライアルできるチャットボットをご紹介しています。

この記事の目次

    チャットボット作成ツールの導入企業が増えている理由

    chatbot-reason

    チャットボットは、企業活動において業務効率化・生産性向上に大きく貢献してくれることから有用性・効果性が認められ、その存在が今では一般的になりつつあります。チャットボットを導入したい企業が増加することに比例して、チャットボット作成ツールの種類もチャットボット作成ツールを活用したチャットボットの導入事例も増え続けている状況です。

    チャットボットは作成ツールを用いる以外にも、自社で開発したりシステム会社に開発を依頼したりといった作成方法があります。ではなぜ、他の方法ではなく作成ツールを利用してチャットボットを導入する企業が増えているのでしょうか。

    ここでは、チャットボット作成ツールの利用が増加する背景に迫っていきます。

    人手不足による影響

    まず考えられるのが、人手不足による影響です。

    現代の日本では、少子高齢化の深刻化が叫ばれており、生産年齢人口は年々減少しています。企業では人員不足を補うためのさまざまな施策を打ち出しており、その中にはチャットボット作成ツールの活用も含まれます。

    ここでは、ユーザーの対応を担当するカスタマーサポートスタッフ、社内の技術的なサポートをする開発スタッフの人手不足の実情に焦点を当ててみましょう。

    カスタマーサポートスタッフの人手不足

    ユーザーと企業の窓口であるカスタマーサポートスタッフは、会社のイメージにも関わる大切な役割を担っています。電話での各種相談への対応や、メールでの返答など、ユーザーの反応に合わせて柔軟な対応が求められます。決して簡単ではないカスタマーサポートの業務ですが、近年では人手不足の影響でスタッフへの負担が大きくなっています。

    人手が足りていないカスタマーサポートチームでは、スタッフ一人一人の業務量は増加しています。また、ほかの業務もこなしながら、カスタマーサポートを兼任しているスタッフも少なくないでしょう。カスタマーサポートチームへの負担が増加し続ければ、スタッフが体調を崩してしまう、対応品質の悪化などさまざまな問題が発生し、最悪の場合スタッフが退職してしまうことも考えられるでしょう。

    そんな人手不足の悪化が深刻なカスタマーサポートの業務の新たな担い手として、チャットボットは期待されています。中でも汎用性や利便性の高いチャットボット作成ツールを活用するケースが目立っています。
    24時間365日、スタッフに代わって自動応答ができるチャットボットの活躍には、カスタマーサポートスタッフからも大きな期待が寄せられています。

    チャットボット開発スタッフの人手不足

    人手不足で悩むのは、社内の開発部門も同様です。チャットボットの導入に取り組みたくても、必要な人材や、工数を割ける人材が社内で見つからないことがほとんどでしょう。また、エンジニアが多く在籍していたとしても、チャットボットのプログラムに精通しているとは限りません。

    人工知能を搭載するなど、比較的高度な対応をチャットボットに求めるのであれば、さらに作成難易度は上がるため、チャットボットをイチから作ろうとした場合には、それなりのプログラミングスキルが必要とされます。

    そこで注目されているのが、チャットボット作成ツールです。チャットボット作成ツールの多くは、特別なプログラミングスキルを持っていなくても、簡単にチャットボットを作成・設置することができます。また、設置後の運用も簡単に行えるというメリットもあります。
    チャットボット作成ツールを活用すれば、開発スタッフがいなくても、スムーズにチャットボットの導入から運用ができるため、多くの企業から注目されています。

    コストをかけずに導入したいという企業が多い

    もちろん人手不足の問題も大きいですが、企業が最も気にするのがコストです。どんな優れた戦略だとしても、コストがかさんでしまうと企業の体力は減っていきます。
    そのため、なるべく費用を抑えてチャットボットを導入したいと考える企業から、作成ツールは人気を集めています。

    前述した通り、仮にチャットボット作成ツールを活用せずに導入しようとすると、プログラミングスキルを持った開発スタッフを見つける必要があります。社内にスタッフがいない場合は、新たに採用するか開発を外部に委託しなくてはならないため、コストがかさみます。

    これに対し、チャットボット作成ツールを活用すれば、コストをかけずともユーザーが使いやすいチャットボットを作成することができます。
    ツールの利用には、初期費用と月額費用がかかるものの、開発スタッフをアサインすることと比べると、コストは大幅に抑えることができるでしょう。

    ホームページにチャットボットを設置?

    なぜ、チャットボット作成ツールのトライアルは利用すべき?

    why-chatbot-trial

    前章では、チャットボット作成ツールを利用する企業が増える理由をご紹介しました。

    チャットボット作成ツールには、無料トライアル期間が設けられていることが多くあります。このチャットボット作成ツールのトライアルですが、必ず利用してから導入を決めるようにしましょう。

    ここでは、その理由についてご紹介していきます。

    本当にチャットボットが必要か確認できる

    まず、トライアルを活用すれば、自社にとってチャットボットが本当に必要なのか確認することができます。チャットボットに限った話ではありませんが、サービスや商品の必要性を見極めるには、実際に試してみるのが1番早いでしょう。

    トライアルで実際に触れてみることで、チャットボットのさまざまな側面を認識できます。「百聞は一見に如かず」という言葉がありますが、まさにその通りです。チャットボットの必要性に悩んでいるのであれば、まずはトライアルで触れてみて、本当に必要かどうか、導入によってどのような効果が得られるかを整理してみましょう。

    ツールとのミスマッチを防ぐことができる

    チャットボットの必要性が確認できたあとでも、注意点があります。それはツールとのミスマッチにより、社内にチャットボットが定着しないことです。例えば、機能性が優れていると評判のツールでも操作性がイマイチであれば、運用時にストレスがかかってしまいます。

    また、ほとんどの機能が網羅されているとしても自社において必要な機能が欠落していたとしたら、課題を解消できません。チャットボット作成ツールの選定には、細かい要望や選定基準が企業ごとにあるはずです。導入後にミスマッチが起きないためにも、事前に確認を行えるチャンスがトライアルです。

    トライアルで複数のチャットボット作成ツールを試してみて、自社に合うツールを選ぶようにしましょう。

    ベンダーのサポート体制・サポート品質をチェックできる

    チャットボットの適切な導入・運用は、目的や用途にもよりますが自社内で完結させることは困難です。ナレッジ・ノウハウ・事例が蓄積されたベンダーのサポート次第で、チャットボット導入・運用の成功確度は決まるという意見すらあります。

    ベンダーによっては、チャットボットのトライアル時においても、操作・設定・運用方法などを手厚くサポートしてくれます。ツールの良し悪しを検証するだけでなく、ベンダーのサポート体制・サポート品質もトライアルを通じて無料でチェックすることが可能です。

    自社が求めるゴールの達成要件について、サポート体制・サポート品質を含めて検討することで成功確度を大幅に高めることができるため、トライアルを実施する意義は大きいと言えるでしょう。

    チャットボットの導入におけるよくある失敗

    チャットボットは、業務効率化・生産性向上に役立つ魅力的なツールですが、残念ながら導入に失敗してしまう事例が後を絶ちません。以下に、チャットボット導入時によくある失敗例についてご紹介します。

    • 導入後に自社のゴール達成のために必要な機能が不足していることが発覚した
    • 環境構築を進めている最中に問題点が明らかになった
    • いざ運用をはじめたものの、操作や設定が難しく使いこなせなかった
    • ツールの良し悪しが分からないまま導入したものの、成果に繋がらない
    • 適切な運用方法が分からず、ユーザーがそもそもチャットボットを利用してくれない

    代表的な失敗事例をご紹介しましたが、いずれもチャットボット導入前の確認不足が原因です。細かい失敗まで含めると失敗のパターンは無数にあります。

    いかなる場合においても事前にトライアルを実施しておくことで、失敗の確率は大幅に低減することができます。

    失敗を未然に防ぐためにトライアルは有効

    上記でご紹介したチャットボット導入の際に起こり得る失敗は、トライアルを実施することで、高い確率で回避することができます。実際にチャットボットを操作することができるトライアルでは、導入を行った場合を想定した数々のシミュレーションを行うことができるためです。

    ここでは、チャットボットのトライアルを実施することで、具体的にどのようなことがわかるのか、どのようなことを確認できるのかを解説します。トライアルの有効性・必要性を理解するためにも、ぜひご参考下さい。

    自社に本当にチャットボットが必要か確認できる

    チャットボットは数多くの業界・業種で活用されている優秀なツールですが、どの程度チャットボットが有用性・効果性を発揮できるか、またチャットボットの導入が本当に必要であるかは、導入を検討している企業の状況・業務フロー・導入の目的によって異なります。

    実際には、チャットボットを導入しても導入や運用の負担が増えたことで期待した成果が得られなかったり、目指すべきゴールはチャットボット以外の方法で達成した方が良いという場合もあります。漠然とした期待でチャットボットを導入したのでは、投下したコスト・時間・労力が無駄になる可能性もあるでしょう。

    事前にチャットボットのトライアルを実施すれば、実際にさまざまな操作を行うことで、自社にとってチャットボットが必要であるかを具体的な情報を基に判断することができます。

    チャットボットの導入・運用を成功させるには、相応のコスト・時間・労力が必要であるため、安易に導入に踏み切ることはNGです。導入の可否を適切に判断するためにも、ぜひトライアルは実施しておきましょう。

    ツールとのミスマッチを防ぐことができる

    チャットボットは性能・機能に優れた製品が数多くリリースされており、どの製品も魅力的に見えます。しかし、チャットボットに搭載されている機能と自社が求めている要件は、必ずしも一致するとは限りません。

    数多くの便利で充実した機能が搭載されていても、自社では一部しか使わなかったり、実は他のツールの方が適していたという場合もあります。このような事実は製品案内だけでは読み取れず、実際にチャットボットを操作してみないと分からない場合もあります。

    トライアルであれば、チャットボットを実際に操作することで、自社が本当に必要としているチャットボットであるかを確認することができます。自社が求める機能要件・使用感・利便性に合致したチャットボットを選定するためにも、トライアルの実施は非常に効果的と言えるでしょう。

    各チャットボットの比較ができる

    チャットボットは、導入時の設定に時間・労力を要するだけでなく、一度導入を行った後は調整・改善を加えながら長期的に使い続けるツールです。相応のコスト・時間・労力を投下するため、頻繁に他社サービスに乗り換えることは得策ではありません。

    そのため、導入前には複数のチャットボットを比較検討して、慎重に精査したうえで導入に踏み切るべきです。トライアルを行うことで、実際に操作することで搭載されている機能の有効性を確認できるため、チャットボットの詳細な比較検討を行うことができます。

    チャットボットを提供しているベンダーは非常に多く、あまり数多くを比較検討することは現実的ではありません。そのため、自社が求める機能を満たしている3~5製品程度に絞り込みを行って、じっくりと比較検討する方法がおすすめです。

    必要な運用体制がわかる

    チャットボットの導入を成功させるには、適切なツール選びを行うことや機能を使いこなすことだけでなく、自社内に必要充分な運用体制を構築することが必須です。チャットボットのトライアルでは本番に近い環境で使用できる製品も多く、単なるお試し・テストとしてではなく、本格的なシミュレーションを行うこともできます。

    仮想の運用体制を構築してトライアルを行えば、必要人数・担当の割り振り・操作感や使用感の属人化有無など、本番環境で必要となる適切な運用体制を見いだすことも可能です。

    事前に適切な運用体制が分かれば、チャットボットの導入・運用成功率を大幅に高めることができるため、手間と時間を惜しまず実施しておくことをおすすめします。

    トライアルにも失敗はあり得る!?ここに注意

    チャットボットのトライアルを実施すれば、失敗のリスクを回避して自社に合った製品を選ぶことができますが、いくつかのポイントを押さえておかないと、トライアルを実施しても失敗を招く場合もあります。トライアルを実施さえしておけば良いというわけではない点に留意しておきましょう。

    ここでは、チャットボット導入を成功させるために必ず意識しておきたい、トライアル実施上のポイントをご紹介します。

    あらかじめ導入目的や運用体制を整える

    チャットボットのトライアルは期間が定められており、実施できる回数も基本的には1回のみです。そのため、トライアル期間を有効活用するためにも、事前にチャットボットの導入目的の明確化や運用体制の整備を行ったうえで実施することがポイントです。

    具体的には、以下のような準備を行っておくことが推奨されます。

    導入目的の明確化

    チャットボットには、ルールベース型・FAQ型の2種類があり、提供するベンダーによって性能や機能の充実度が異なります。そのため、トライアル実施前には「自社がチャットボットでどのようなことを実現したいのか」という導入目的を明確化することが重要です。

    導入目的が明確であるほど、トライアルを実施するツール選びや検証の精度も高めることができます。

    運用体制の構築

    導入目的に合わせて想定される担当者や分担の決定を行い、チャットボットの運用体制を構築しておくと、実際の運用時をイメージしたトライアルを行うことができます。

    実際に運用してみなければ分からないこともあるため、トライアルの検証精度を高めるには重要なポイントです。

    効果測定が行える環境を整える

    チャットボットのトライアルは、実際の運用時と同じくユーザーを対象に検証することで、より精度の高い検証を行うことができます。

    仮のユーザーを集めてトライアルを実施することはややハードルが高くなりますが、導入を決定しているツールや比較検討の上位のツールであれば、可能な限り実施しておくことをおすすめします。

    トライアル期間中に十分に使用できるようにする

    チャットボットのトライアルは、性能・機能・業務との適正などを、ツールを十分に操作することで細かく確認してこそ、実施する意味があります。

    通常業務で忙しく、あまりツールを触れないままトライアル期間が終了してしまっては、実質的にはチャットボットについて適切な判断を行うための情報は得られていません。

    そのため、トライアルを実施する際には、トライアル期間中に十分な検証・確認を行なえる時間・リソースを確保することが非常に重要です。限られたトライアル期間を有効活用するためにも、必ず留意しておきましょう。

    導入の効果測定基準を明確にする必要がある

    トライアルを利用したチャットボットの検証においても、効果測定基準を明確に定めておくことが重要です。

    例えば、「問い合わせを件数を半分に低減」「サイト回遊率を〇%向上」「サイト離脱率を〇%低減」「問い合わせ・申し込み率(CVR)を〇%向上」など、求める成果を数値化して具体的に目指す成果を決めておきます。

    トライアル期間では当然目標達成できることはありませんが、明確な基準を設けておくことで、該当のチャットボットが目標数値を達成できるスペックを秘めているかを判断できます。反対に、効果測定基準が無い場合は、「何となく良さそうだ」「機能が充実している」といった抽象的な判断となってしまうため、十分な検証・判断を行うことができません。

    先にご紹介したチャットボット導入目的の明確化と併せて、効果測定基準は必ず決めてからトライアルを実施するようにしましょう。

    チャットボット作成ツールのトライアルで確認すること

    chatbot-tool-point

    チャットボット作成ツールのトライアルは積極的に活用すべきとお伝えしました。それでは具体的にトライアルにて何を確認すべきなのでしょうか。ここでは、代表的な3つの確認ポイントを紹介します。

    チャットボットの作成のしやすさ

    まず重要視していただきたいのが、チャットボットの作成のしやすさです。当たり前に聞こえるかもしれませんが、いざチャットボット作成ツールを目の前にすると盲目になりやすいポイントです。

    一般的にチャットボット作成ツールは、複雑で高度なチャットボットを作成可能なツールほど、操作も難しくなる傾向があります。ツールの高機能性は嬉しいですが、使いこなせなければ意味がありません。最低限チャットボットに対して求めるものを明確にしたら、トライアルでは実務をイメージしてツールを動かしてみましょう。その際、よく使う基本的な動作をスムーズに行えるかを確認します。

    また、チャットボットの作成のしやすさは、トラブル発生時の対応力にも影響します。システムにエラーが生じた際に素早く対処できるのは、チャットボットを運用するうえで重要な要素です。チャットボット導入後のさまざまなシーンを想定して、使いやすいツールを選びましょう。

    レポート機能が充実しているかどうか

    チャットボットも他のビジネス施策と同様で、システムの導入がゴールではなく導入後の運用が大切です。現状を正しく評価して改善策を立案し、次の行動へつなげる必要があります。その際に役立つのがレポート機能です。

    レポート機能ではチャットボットの細かいデータを分析できます。例えば、よく選ばれた質問の選択肢やその割合、質問ごとのユーザーの離脱率が一目で確認可能です。ツールによっては便利なグラフ化の機能や、全体やスタッフごとの個別のレポートも瞬時に作成できるものもあります。

    サポート体制の手厚さ

    ツールの操作性も良くて充実したレポート機能にも満足し、疑問点もなく導入できそうだと判断しても、導入前に必ずサポート体制の手厚さも確認しておきましょう。

    初めてのチャットボット運用で慣れないツールの導入となると、トライアルでは順調でも思わぬトラブルは発生します。大きなトラブルではないにしても、社内で解決できない小さな疑問や不明点にすぐに遭遇するはずです。その際に大きな助けとなるのがサポートです。

    サポート体制と言ってもツールによってさまざまですが、理想は専任スタッフがサポートを担当してくれることです。専任スタッフであれば、必要な時に必要な答えがすぐに返ってきます。加えて専門性も高いので、チャットボット作成を上手くリードしてくれる場面もあるでしょう。トライアルでは困っているポイントがなくても、サポートの対応がどのようなものか確認するために1度連絡してみることを強くおすすめします。

    導入の効果測定

    チャットボットのトライアルで失敗しないためのポイントでもご紹介しましたが、トライアル時には効果測定を必ず行うことが、検証精度を高めて自社に最適なツールを導入するためのポイントです。非常に重要なポイントであるため重ねて解説します。

    効果測定に用いる指標(KPI)には、例えば以下のような数値が挙げられます。

    • ■コンバージョン向上タイプのチャットボットの場合
    • CVR:チャットボット経由でのサイトへの誘導数
    • CV:問い合わせ・申し込み・購入に至った件数
    • ■カスタマーサポートタイプのチャットボットの場合
    • 問い合わせ件数
    • 有人対応件数
    • チャットボットの回答率
    • 問い合わせの解決率

    トライアル実施前の数値と実施後の数値を比較することで、チャットボットがどの程度自社が目指すゴールに寄与してくれるかを検証することができます。

    簡単に作れて、すぐに使える。初めてのチャットボット

    <おすすめ>トライアルがあるチャットボット作成ツール

    チャットディラーロゴ

    実際にチャットボット作成ツールで検索すると多くのツールが出てきて迷ってしまい、どのツールを導入すれば良いか迷ってしまうでしょう。

    そんな方に特におすすめしたいチャットボット作成ツール「チャットディーラー」です。ここではチャットディーラーの特徴とトライアルについてご紹介します。

    チャットディーラー

    チャットディーラーは、株式会社ラクスが提供するチャットボット作成ツールです。

    1契約で5サイトまでチャットボットを設置でき、費用対効果が高いツールだといえるでしょう。さらに、無料で受けられる手厚いサポートも特徴です。導入段階に応じ、専任スタッフによるコンサルサポートを受けることができるため、チャットボットの導入が初めてという方でも安心することができるでしょう。

    チャットディーラーのトライアル

    チャットディーラーには、14日間の無料トライアル期間が設けられています。
    トライアルといっても、すべての機能を制限なく利用することができるため、実際の運用イメージが沸きやすいでしょう。
    また、自動で有料版に移行することはないため、安心してトライアル利用することができます。

    チャットディーラーは、こちらでご紹介した以外にも多くの機能を搭載したチャットボット作成ツールです。サービスサイトでは、ツール紹介資料を無料でダウンロードすることができるため、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

    資料ダウンロードはこちら

    まとめ

    今回はチャットボット作成ツールが多くの企業で利用される背景から、チャットボット作成ツールのトライアルの注意点まで、さまざまな情報をまとめてお伝えしました。

    チャットボット作成ツールに少しでも興味を持っている方であれば、気軽に申し込めるのがトライアルです。記事内でご紹介した通り、トライアルを利用するメリットは多くあるので、ぜひ有効活用してみてください。

    本記事がチャットボット、そしてチャットボット作成ツール導入のきっかけになりましたら幸いです。

    以下のコラムでは、無料トライアル期間が設けられているツールをご紹介しています。
    ぜひ、こちらもチェックしてみてください。

    チャットボットで問い合わせをラクに。
    • 執筆者:ボットマガジン編集部
    • この記事を書いた人

      ボットマガジン編集部

      ボットマガジン編集部です!チャットボットについて、タイムリーでお役立ちな情報をお届けします。

    関連する記事

    close
    AI型?シナリオ型?チャットボット比較表