• 東京&福岡:03-5368-1631
  • 大阪:06-6376-5222
  • 名古屋:052-218-6937

TOP > チャットディーラー お役立ちコラム > 働き方改革を促進!チャットボットを社内利用したときのメリットと事例

働き方改革を促進!チャットボットを社内利用したときのメリットと事例

働き方改革を促進!チャットボットを社内利用したときのメリットと事例

2020/3/25

ワークライフバランスの実現を目指して、2019年4月に施行された「働き方改革関連法」。
人手不足などの要因も重なり、特に中小企業ではITを活用した業務効率化が急務になっています。

そんな中、業務改善に役立つツールとして近年注目が高まっているのが「チャットボット」です。
チャットボットを活用することで働き方改革にどんな効果があるのか、導入メリットと事例について紹介します。

働き方改革のトレンドと業務効率を支えるICTツール

チャットボットが「働き方改革」に役立つかどうかをお話する前に、国内の企業ではどれくらい働き方改革が実践されているのかを見てみましょう。

エン・ジャパン株式会社が、ユーザーを対象に働き方改革の実態調査アンケートを2019年に実施しました。
結果は、「在籍企業が働き方改革に取り組んでいる」は43%、「生産性は上がっていない」が28%という回答に。
実際には、働き方改革に取り組む企業は過半数を超えず、取り組んでいたとしても、働き手からすると生産性向上を実感できていないというのが現実です。

労働生産性を上げる取り組みは個人スキルでは限界があるため、企業が率先して仕事の進め方や取り組みを見直し、働き方に関する制度の整備やシステム・ツールの導入を進めることが重要です。

働き方改革を実現するのが業務のIT化

業務効率化が迫られる企業が注目しているのが「ICTツール」です。
ICTとは、「インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー(Information and Communicaion Technology)」の略で情報通信技術のことです。
T技術を活用することで、コミュニケーションを円滑にしたり、情報共有をスムーズにして業務効率化を実現したりできます。

chat_homepage

チャットボットが働き方改革に有効な理由

働き方改革を支えるICTツールの中でもチャットボットを活用する企業が増えています。

チャットボットは、入力された質問や会話に対し、自動で回答するツールです。
代表的な活用方法には、お客様からのお問い合わせ対応の自動化などが挙げられます。

では、なぜチャットボットは働き方改革に有効なのでしょうか。
社内業務における3つの課題とメリットから解説していきます。

社内業務の課題とメリット

課題①人事総務部門、ヘルプデスク 同じ質問に何度も答えるばかりでムダな工数がかかる!
課題②情報システム、IT部門 業務の属人化を根本的に見直して、ナレッジ化を進めたい!
課題③営業部門 拠点からの問い合わせ対応に追われ、営業活動ができない!

これらの課題を解決するのが、チャットボットです。

メリット①工数削減ができる

同じ内容ばかりの社内問い合わせを自動化することで工数を削減します。
人事や総務のリソースに余裕が生まれ、コア業務に専念できます。

メリット②社内向けFAQや業務マニュアルへ誘導して自己解決を促す

業務マニュアルの更新内容や契約手続きなど、よくある質問をチャットボットで対応。
自己解決率を高めます。

メリット③24時間365日対応でスムーズな情報共有を実現

チャットボット導入で、問い合わせ対応を営業担当から解放します。
商談中や移動中に寄せられる質問には24時間365日対応のチャットボットが回答します。

チャットボット導入で働き方改革を推進した企業の事例

チャットボット導入で、社内問い合わせの課題を解決した事例をご紹介します。

古野電気株式会社 様

古野電気株式会社 様

古野電気株式会社 様イメージ

【導入背景】

ラクスの経費精算システム「楽楽清算」の全社導入を進める中で、システムに関する質問が増えることが予想された。
本社管理部門に問い合わせ対応の負担を抑えつつ、問い合わせを解決する方法を探していた。

【導入後の効果】

ラクスのサポートチャットボット「チャットディーラー」導入によって、増加したであろう問い合わせ件数を抑えることができた。
当初の想定よりもチャットディーラーで自己解決した社員が多く、社員の利便性と社内問い合わせの自動化が実現できた。

社内に新たなシステムを導入した場合、操作に慣れていない、もしくは手順を間違えて息詰まった社員から管理部へ問い合わせが殺到したはず。
同じような質問ばかりを管理部担当が対応していたら、余計な工数がかかり、残業する社員もいたことは容易に想像できます。

社内問い合わせに自動で対応し、いつでも自己解決できる手段を用意しておくことで、生産性向上や業務効率化を目指す働き方改革に一歩近づく経営を実現できるのではないでしょうか。

働き方改革に「チャットディーラー」がおすすめ

働き方改革の一貫として社内問い合わせ対応の削減をお考えなら、サポートチャットボット「チャットディーラー」をご検討ください。
導入前の不安にも丁寧に対応し、“どのように課題を解決していくか”という運用イメージについてもご相談に応じます。
導入後のサポートも行いますので、ご安心ください。

サービス内容をもっと知りたい方は、下記より資料をダウンロードください。
また、無料のトライアルもご用意しておりますので、お気軽にお試しくださいませ!

document_download
  • チャットディーラー編集部
  • この記事を書いた人

    チャットディーラー編集部

チャットディーラー編集部です!社内外のお問い合わせ対応のご担当者様にとって、お役に立てる情報をお届けしてまいります。

一覧を見る

まずはお気軽にご相談・お試しください!