LINE WORKSはチャットボット連携が便利!使い方・効果とは?

業務でチャットツールを使用することはもはや当たり前になりました。ビジネスチャットとして、多くの従業員になじみのある「LINE WORKS」を採用している企業も多いのではないでしょうか。

そのまま利用するだけでも便利なLINE WROKSは、チャットボットと連携するとさらに利便性を向上できるのでおすすめです。

そこで今回は、LINE WORKSと連携すると便利なチャットボットとは何なのか、チャットボットを連携することでどのような効果を得られるのかを解説します。LINE WORKSと連携するのにおすすめのチャットボットもご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

    LINE WORKSとは

    LINE WORKSとは、LINEが提供している業務コミュニケーションの利便性を高める「ビジネス版LINE」です。

    新型コロナウィルス感染症の影響で、リモートワークを採用する企業が急増し、あわせて社内コミュニケーション対策としてチャットツールを導入する企業が増えました。

    しかしこれまで使ったことがないチャットツールだと、デジタルリテラシーがあまり高くない年齢層の従業員に受け入れてもらうのが難しく、使ってもらえない可能性があります。

    そういった企業が注目したのが、スマホを使うほとんどの人が利用しているLINEと同様に使えるLINE WORKSです。総務省の「令和2年版 情報通信白書」によると、全年代の90.3%がLINEを利用しているそうです。40代までは95%を超え、50代でも85%、60代で75%の高い利用率を誇ります。

    LINE WORKSは、LINEと似たインターフェースや使用感を踏襲しているため、教育コスト不要で導入できることにメリットを感じた多くの企業に導入されました。LINE WORKSは、LINEでおなじみのトークはもちろん、ビジネスに役立つ以下のような機能が備わっています。

    • メール
    • チームで使えるカレンダー
    • 資料やファイルを保存・閲覧できるDrive
    • 社内外のユーザーに実施できるアンケート機能

    LINEのようでありながら、ビジネスでの利用のニーズを十二分に満たすことで、LINE WORKSは多くの企業に採用されるようになったのです。

    LINE WORKSにはbotを実装可能!

    LINEのように手軽に使えることから多くの企業で利用されているLINE WORKSは、bot(ボット)を実装できるようになっています。botとは、指定された内容応じた適切な処理を自動で実行するプログラムを指します。

    たとえば話かけると応答し、さまざまな処理を実行してくれるiPhoneのSiriやアンドロイドのGoogleアシスタント、AmazonのAlexaなどもbotの仲間です。LINE WORKSには実にさまざまな種類のbotが用意されていて、連携するだけでチャット画面から簡単に目的の処理を実行できるようになるのです。

    LINE WORKSにbotを追加するメリット

    LINE WORKSにbotを追加すると、複数の作業をLINE WORKSだけで完結できるようになるのがメリットです。

    たとえば勤怠管理botを追加すると、タイムカード不要でいつでもLINE WORKS上で出勤と退勤の時間を打刻できます。顧客管理botを導入すると、botの質問に答えるだけで顧客情報を簡単に管理できるので、営業先からわざわざオフィスに戻る必要がありません。

    これまでだったらパソコンを立ち上げたり、別のアプリを開いたりしておこなう必要があった作業が、スマホがあればいつでもどこからでもLINE WORKSひとつで作業できるようになるのです。

    社内問い合わせ対応を効率化!チャットボットとは

    LINE WORKSにはいろいろな種類のbotを実装できますが、なかでもおすすめなのが「チャットボット」です。

    チャットボットとはその名のとおり、チャット(chat)をするロボット(robot)を指し、入力された質問に対してチャット形式で回答してくれる自動応答システムを指します。

    チャットボットには以下の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

    シナリオ型:画面に表示された選択肢を選んだり、自由に入力された質問に対し、あらかじめ設定されたシナリオに沿って回答するチャットボット。一問一答形式の問い合わせに対応させるのに向いている。

    AI型:チャットボットに搭載されたAIが、自由に入力された質問を解釈して適切な回答を返すタイプ。一問一答形式はもちろん、より複雑な質問にも回答できるのが特徴。質問と回答を繰り返すことでAIが機械学習し、回答精度が向上していく。

    これまでチャットボットはECサイトやホテルの予約システムなど、顧客からの問い合わせに対応させるのを目的に導入する企業が多いのが特徴でした。しかし近年は人手不足やリモートワークの導入、DX推進などを背景に、業務効率化を目指して社内問い合わせ対応を目的に採用する企業が急増しているのです。

    チャットボットを取り入れる効果

    チャットボットを導入すると、以下のような効果が期待できます。

    同じような問い合わせに回答しなくてよくなる

    社内ヘルプデスクや総務などに寄せられる問い合わせのうち、何度も繰り返されるような質問に対してはチャットボットに一次対応を任せると、対応回数を減らせます。「前にも聞いたから聞きづらい」といった従業員側の心理的負担がなくなるのもメリットです。

    24時間365日の対応を実現できる

    リモートワークの導入や働き方改革などにより、従業員の働き方は多様化が進んでいます。チャットボットを導入すると、ヘルプデスクが対応できないような早朝や夜間、土日祝などであっても、従業員は必要な情報を引き出せるようになります。

    生産性や業務効率が向上する

    問い合わせ対応の回数が削減され、従業員が必要な情報をいつでも入手できるようになると、コア業務に集中できる、回答待ちの時間が不要になるなど全社的に生産性や業務効率が向上します。

    LINE WORKSにチャットボットを実装する効果

    問い合わせ対応の回数を削減して生産性や業務効率を向上させるチャットボットを、LINE WORKSに実装すると、以下のような効果を得られます。

    • いつものチャット画面からチャットボットに質問できる
    • チャットボットの利用率を高められる

    順番に解説します。

    いつものチャット画面からチャットボットに質問できる

    LINE WORKSにチャットボットを実装すると、いつも使っているLINE WORKS上でチャットボットに質問できるようになるので利便性が向上します。

    通常チャットボットを社内利用するときには、社内ポータルに導入するのが一般的です。しかしそれではチャットボットを利用するために、わざわざ社内ポータルを開かなければなりません。オフィスにいるときならともかく、社外で作業しているときにはつい億劫になってしまいます。

    その点チャットボットがLINE WORKSに実装されていれば、疑問に思ったそのときに、そのまま問い合わせして回答を得られます。画面から離れなくてよいので、業務効率が落ちることもありません。

    チャットボットの利用率を高められる

    チャットボットがLINE WORKSに実装されていると、LINE WORKSから離れることなくチャットボットを使えます。そのため「社内ポータルを立ち上げるのが手間だから、また今度にしよう」「面倒だから直接電話して聞こう」といったことがなくなり、チャットボットの利用率が高まることもメリットです。

    社内ポータルのみにチャットボットが導入され、社外からは利用できなかったようなケースでも、LINE WORKSに実装されていればスマホから問い合わせられるようになります。そのためさらにチャットボットの利用率向上が期待できるでしょう。

    LINE WORKSと連携させるチャットボットの選び方

    LINE WORKSと連携できるチャットボットは複数あるため、どれを選べばよいのか迷う方もいるようです。LINE WORKSに実装するチャットボットは、以下の2つの視点で選ぶと失敗を防げます。

    • 準備にかかる手間が少ないものを選ぶ
    • サポート体制が手厚いものを選ぶ

    順番に説明します。

    準備にかかる手間が少ないものを選ぶ

    LINE WORKSと連携させるチャットボットを選ぶときには、導入にかかる手間ができるだけ少ないものを選ぶことが大切です。

    一般的にチャットボットは、導入に際してQ&Aを作成する、シナリオを設計する、学習データを積み上げるなどの手間をかける必要があります。そのため導入すればすぐに使い始められるものではありません。

    しかし多忙なバックオフィス部門の問い合わせ対応に導入するのに、準備に手間と時間がかかるのは本末転倒です。そのためチャットボットを選ぶときには、あらかじめ質問テンプレートが用意されている、学習済みAIが搭載されているなど、導入コストがかからないタイプを選ぶことが大切です。

    サポート体制が手厚いものを選ぶ

    手厚いサポートを受けられるサービスを選ぶのも、LINE WORKSに実装するチャットボットを選定するときのポイントです。

    多忙な企業では、チャットボットを導入するからといって、選任担当を置くことはあまりありません。そのため導入を決めたものの、なかなかスムーズに進められずに頓挫するケースは珍しくありません。

    そのようなときでも、サポート体制がしっかりしたサービスであれば、スケジュールを管理したうえで定期ミーティングを開くなど、公開までスムーズに導いてもらえます。

    さらにチャットボットは導入して終わりではなく、利用データをもとに改善を進める必要もあります。サポート体制が整ったサービスであれば、運用開始後も支援してもらえるので、費用対効果を高めた運用を実現できるのです。

    LINE WORKSと連携できるおすすめチャットボットサービス

    ここからは、LINE WORKSと連携するのにおすすめのチャットボットサービスを3つ紹介します。

    • チャットディーラーAI
    • LOOGUE FAQ
    • HiTTO

    おすすめポイントを順番にチェックしましょう。

    チャットディーラーAI

    チャットディーラーAI

    チャットディーラーAIは、社内利用に特化して開発された、AI型のチャットボットです。チャットディーラーAIのおすすめポイントを紹介します。

    • 400種類以上もの社内用テンプレートが搭載されている
    • AIは学習済みなので導入後すぐに利用できる
    • 導入から改善、継続までの手厚いサポートを無料で受けられる
    • AI型のチャットボットが月々わずか数万円で利用できる

    チャットディーラーAIは、社内での利用を想定して開発されているため、多忙なバックオフィス部門の導入負担をできるだけ軽減できる体制が整っているのがメリットです。専属担当の手厚いサポートを導入から運用まで一貫して無料で受けられるのにもかかわらず低コストで運用できます。

    スモールスタートできるので「導入したいけれども、コストがかかる」と思い二の足を踏んでいる企業には、とくにおすすめしたいサービスです。

    チャットディーラーAIの詳細はこちら

    LOOGUE FAQ

    LOOGUE FAQは、従業員からの問い合わせ対応の負担を軽減するAI型チャットボットです。LOOGUE FAQのおすすめポイントは、以下のとおりです。

    • Q&Aを一問一答形式で登録するだけで運用可能
    • 問い合わせ件数や未解決件数など利用状況をグラフで可視化
    • よく聞かれる質問やよく使われるキーワードをランキング形式で表示

    週に1回15分程度利用状況やログを分析することで、簡単にPDCAを回転させて改善していけるのがLOOGUE DAQのメリットです。

    HiTTO

    HiTTOは、人事や労務、総務、経理、情シスなど、社内問い合わせ対応業務をおこなう部署の工数削減に貢献するチャットボットです。HiTTOのおすすめポイントを紹介します。

    • バックオフィスのナレッジを体系化した質問パターンを学習済み
    • 社内利用を前提に開発されたAIを搭載
    • FAQデータの作成やシナリオ設計などの準備が不要

    HiTTOは学習済みAIが搭載されているので、少ない導入コストで使い始められるのがメリットです。オリジナルキャラクターを設定し、従業員が愛着をもって使える工夫もされています。

    まとめ

    LINEを使うのと同じような手軽さで利用できるLINE WORKSは、チャットボットと連携させることでさらに利便性を向上できます。

    LINE WORKSに実装するチャットボットを選ぶときには、導入負担の軽さとサポート体制の充実度に着目するのがおすすめです。

    社内利用に特化して開発されたチャットディーラーAIなら、学習済みAIが搭載されているのでテンプレートに回答を登録するだけですぐに使い始められます。導入から運用まで手厚いサポートを無料で受けられるのも、チャットディーラーAIのおすすめポイントです。

    興味を持たれた方は、ぜひ以下から資料のダウンロードをご検討してみてくださいね。

    かんたん導入ですぐ使える!社内向けAIチャットボット「チャットディーラーAI」の資料請求はこちらから

    • 執筆者:ボットマガジン編集部
    • この記事を書いた人

      ボットマガジン編集部

      ボットマガジン編集部です!チャットボットについて、タイムリーでお役立ちな情報をお届けします。

    関連する記事

    close
    AI型?シナリオ型?チャットボット比較表