社内問い合わせが削減できないワケとは?課題と解決策をまとめてご紹介!

社内手続きや決算業務、書類や資料の作成といった、企業を後方から支える業務を行うのが「バックオフィス」です。営業やカスタマーサポートなど、フロントオフィスの仕事がスムーズに進むのを支える重要な役割を担っています。

そんなバックオフィスには、毎日社内からたくさんの問い合わせがあります。なんとか問い合わせの数を減らしたいと考えても、なかなか減らないことに頭を悩ませているバックオフィスも多いようです。

今回は、バックオフィスで社内問い合わせを削減できない理由と、考えられる解決策をご紹介します。

この記事の目次

    社内問い合わせに関する課題

    バックオフィス部門には、社内から毎日多くの問い合わせが寄せられます。

    バックオフィスは、経理や人事、総務など、フロントオフィスを後方から支援する部門を指します。バックオフィスで社内問い合わせに対応する専任の担当者を置くことはまれで、多くの部門ではほかの業務を兼任しながら、手が空いた人が対応していることがほとんどです。

    日々多く寄せられる問い合わせを削減し、自分の業務を進める時間を確保するために、マニュアルなどを作成して公開しているケースも多いでしょう。しかし、なかなか使われず、一向に問い合わせが減らずに困っているというケースは少なくありません。

    バックオフィスへの社内問い合わせは、なぜ減らすのが難しいのでしょうか?

    考えられる要因をいくつかご紹介していきます。

    なぜ、社内問い合わせが減らないのか?

    前章でも触れたとおり、マニュアルなどを公開している企業が多いにもかかわらず、なぜ問い合わせ件数が減らないのか、考えられる要因を見ていきましょう。

    マニュアルが使いづらい

    まず考えられる理由として、用意しているマニュアルがそもそも使いづらいケースがあるようです。

    たとえば、用意しているマニュアルが、紙ベースで何百ページもあるようだと、開く気持ちになれません。デジタルデータで用意されている場合でも、エクセルで一覧になっているだけで、うまく分類されていなければ、検索して回答を探すのは困難です。

    また、マニュアルの内容が難解で理解が難しかったり、逆に簡素すぎて十分な情報を得られなかったりする場合も、使いにくいと思われてしまうでしょう。

    このように、マニュアルを用意していても、検索性が低いなど使い勝手が悪ければ、社員には使ってもらえません。調べるのに時間がかかるので、「バックオフィスに直接聞いたほうが早い」となってしまうのです。

    マニュアルの設置場所が分かりづらい

    マニュアルの設置場所が分かりづらい場合も、利用率は下がりバックオフィスへの問い合わせは減りません。

    マニュアルを用意しているものの、どこに何のマニュアルがあるのか分からなければ、使いたくても使えません。たとえば、社内ネットワークでは、バックオフィスの部門がそれぞれ専用フォルダを持っているケースが多いでしょう。

    部門ごとにマニュアルを保存するフォルダの名前が違っていたり、階層が異なったりしていれば、ほかの部門の社員が見つけるのは困難です。全社的に「マニュアルの保存場所はここ」と決めていても、階層が深くて探しにくければ、使うのは面倒に感じてしまいます。

    社員にマニュアルを使ってもらいたいなら、設置場所と保存フォルダ名は全部門で統一する、社内ポータルサイトの分かりやすい場所に入り口を設けるなど、誰でも簡単に見つけやすくする工夫が必要です。

    社員の意識問題

    バックオフィスへの社内問い合わせが減らないのは、問い合わせをする社員の意識の問題であるケースも少なくありません。

    社員が「マニュアルは使いにくい」と固定観念を持っていたり、「調べるのは時間がかかる」「電話で聞いたほうが早い」と思い込んでいたりすると、社内と問い合わせを減らすのは難しくなります。なかには「同じ会社の人間だから質問に答えて当然」「それも仕事のうちでしょ?」と思っている社員もいるかもしれません。

    しかし社内問い合わせに答えるのには、担当している社員の「時間」というコストがかかっています。回答することで相手の仕事時間を奪っている、ひいては企業全体の効率を下げていることに気付いてもらうしかありません。

    社内の空気や社員の意識を変えるのは容易なことではありませんが、全社的に意識改革に取り組むことが大切です。

    社内問い合わせを削減する方法は?

    バックオフィスへの社内問い合わせが減らない原因を把握したところで、削減に向けてできる方法を考えてみましょう。

    <削減方法①>社内に周知する

    バックオフィスへの社内問い合わせを減らしたいなら、まずはそのことを社員全員に伝える必要があります。

    バックオフィスが社内問い合わせに対応することで、どのような問題が発生しているのかをきちんと全社員に伝えましょう。社内問い合わせは「コスト」であるとの認識を社員みんなで共有し、削減する必要性を訴えることが大切です。

    そのうえで、まずは自己解決に取り組んでほしいこと、このあとご紹介するFAQやチャットボットを設置していることなどを周知します。設置場所、使い方などもあわせて広報し、利用時にとまどうことがないように、あらかじめ準備を整えておくことも重要です。

    <削減方法②>FAQを設置する

    社内問い合わせを削減するには、社内FAQを設置すると効果的です。

    社内FAQとは、「よくある質問」をまとめたものです。マニュアルよりも情報量が減り、すっきりするので必要な回答を探しやすくなります。社内FAQへの入り口を、社内ポータルや各部門のトップページ、問い合わせフォーム、内線番号一覧などの横に目立つように設置しておき、「問い合わせ前にまずはFAQで検索を」としておけば、利用率を高められます。

    ただしFAQを設置しても、マニュアルのように検索性が悪ければ結局は使ってもらえません。FAQシステムを導入するなどして検索性を高めれば、使いやすいFAQを作成できるのでおすすめです。

    <削減方法③>チャットボットを導入する

    バックオフィスへの問い合わせを削減するには、チャットボットを導入するのも方法のひとつです。

    チャットボットとは、「チャット」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、自動応答システムを指します。ECサイトや企業のサイトの片隅に、「何かご質問はございませんか?」と小さなチャットウインドウが開いているのを、目にしたり、実際に使ったりしたことがある方もいるでしょう。

    チャットボットには、AI型とシナリオ型の2種類があります。AI型は、質問する人が自由に入力した文章からキーワードを拾い、適切な回答を表示します。データが積み重なるごとに、AIが機械学習することで、回答の精度があがっていくことがAI型チャットボットの特徴です。

    一方シナリオ型は、ウインドウにいくつかの選択肢を提示し、ユーザーが選んだものに対して適切な回答を表示する、あるいは別の選択肢を提示することで回答まで導くタイプです。あらかじめ設定したシナリオに沿って会話が展開していくため、単純な定型質問などに回答させるのに向いています。

    社内問い合わせにチャットボットを導入すると、以下のようなメリットがあります。

    • 使い慣れたチャットで質問できるので社員が気軽に使える
    • 社員が自己解決できるのでバックオフィスの社員の時間を奪わない
    • バックオフィスに人がいない時間帯でも質問できる
    • 自分で回答を引き出せるので満足度が高まる

    このように、チャットボットを導入すると、さまざまなメリットが得られます。チャットボットはバックオフィスの社内問い合わせに関する課題を解決するための、いい選択肢になるでしょう。

    <社内利用向け>チャットディーラー

    チャットディーラーAI

    社内問い合わせの削減に向けてチャットボットを導入するなら、「チャットディーラーAI」がおすすめです。

    チャットディーラーは、社内利用に特化した専用のAIチャットボットで、以下のような特徴があります。

    • 400種類以上の社内用テンプレートを搭載しているので導入が簡単
    • AIが学習済みなので導入時のデータ整備が不要ですぐ利用できる
    • 1つの契約でバックオフィスの複数部門を横断して管理・運用できる
    • 画像やマニュアルのファイル添付ができるので自己解決を促せる

    チャットボットの導入時には、質問を洗い出して回答を登録、学習データを蓄積させてチューニングするなど、運用開始までに手間と時間がかかるのが一般的です。その点チャットディーラーは、質問テンプレートに回答を登録すれば、AIが学習済みなのですぐに運用を開始できます。

    初期導入や効果検証、そして成果が出るまで専属コンサルタントがつき、徹底的なサポートがついているので安心して導入できます。

    社内問い合わせを削減するときのポイント

    それでは最後に、社内問い合わせを削減するときに押さえておきたいポイントをまとめました。

    何が問題なのか明確にする

    まずは、社内問い合わせが減らないのは何が原因なのか、現状を明確にすることが重要です。

    マニュアルひとつにしても、使いにくいのか、設置場所が問題なのかによって、解決方法は異なります。社員の意識の問題であるなら、いくらFAQやチャットボットを導入しても、問い合わせが減ることは期待できないので、そもそもの意識改革が必要です。

    何が問題なのかを明確にしたうえで、課題に応じた対策を検討しましょう。

    効果検証を行う

    問い合わせ削減に向けた対策を講じたら、効果検証を行うことも大切です。

    たとえば社内FAQやチャットボットを導入したら、実際にどれくらい問い合わせ件数が減ったのかを調べます。とくに社内FAQシステムやチャットボットの導入には、一定のコストがかかります。効果検証し、効果があることを明らかにできなければ、費用対効果は測れません。

    効果検証するには、導入前後の問い合わせ件数の増減データを比較、FAQシステムやチャットボットの起動回数・回答回数の確認などします。そのうえで改善した要因や改善していない原因を洗い出し、PDCAを回しましょう。

    バックオフィス部門同士で協力する

    社内問い合わせ件数を削減するには、バックオフィス部門同士で協力することも大切です。

    総務や経理、労務など、バックオフィスは普段は別々の仕事をしていますが、「社内問い合わせを減らしたい」との目標は共通しています。FAQシステムやチャットボットを導入する際には、各部門が分担してデータ入力するなど横の連携をとるとスムーズです。プロジェクトを立ち上げて、部門の枠を超えたチームを作ることが大切です。

    繁忙期は避ける

    社内問い合わせ削減に向けて対策するときには、繁忙期を避けることもポイントです。

    マニュアルを整備する、FAQシステムやチャットボットを導入するなど、削減対策は色々考えられますが、いずれにしても準備に時間がかかります。繁忙期に取り組もうと思っても手が回らなかったり、残業が増えて疲労が残ったりして、現場が疲弊してしまいます。

    どのような対策を講じるにしても、バックオフィス部門の繁忙期にあたる時期は避けるのが無難です。ただし部門によって繁忙期は異なるため、対策時期はよく話しあって決め、期限を設けて短期集中で進めるのがおすすめです。

    まとめ

    企業を後方から支えるバックオフィスには、毎日たくさんの社内問い合わせが寄せられます。そのため場合によっては通常業務を圧迫することもあります。社内問い合わせを削減するには、これほどの問い合わせが発生する理由を明確にしたうえで、適切な対応を取ることが大切です。

    対策としては、社内FAQやチャットボットを設置するなど、社員が自己解決できる環境を整えることが考えられます。そのうえで社員に「社内問い合わせはコストである」ことを認識してもらい、利用を促すといいでしょう。

    チャットボットを導入するなら、チャットディーラーAIがおすすめです。「導入方法を知りたい」「導入事例が気になる」などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    • 執筆者:ボットマガジン編集部
    • この記事を書いた人

      ボットマガジン編集部

      ボットマガジン編集部です!チャットボットについて、タイムリーでお役立ちな情報をお届けします。

    関連する記事