カスタマーサポート効率化はどうすればいい?課題とその解決法を解説

customer-support_efficiency

あなたは、カスタマーサポート業務の効率化という課題に直面し、「何を」「どう」改善すべきかで悩んではいないでしょうか?
業務の効率化は企業にとっても顧客にとっても大事なことで、今すぐにでも問題解決しなければならないことのひとつかもしれません。

カスタマーサポート業務の効率化を目指すとき、次のようなことが課題に上がるでしょう。

  • スキルの高いスタッフに仕事が集中してしまう
  • 専門性の高い質問が寄せられたとき、担当部署に「たらいまわし」してしまう
  • 寄せられた顧客からの問い(=情報)を、全社的に活用できていない

カスタマーサポートの現場でよくあるケースかもしれませんが、業務を効率化しなければ、なかなか顧客満足度を上げることは難しいでしょう。

今回は、

  • カスタマーサポート業務を効率化する意味
  • カスタマーサポートの効率化を進めるうえで大切なポイント
  • カスタマーサポート効率化を促進し続けるコツ

についてご説明します。

「カスタマーサポート効率化を目指したにもかかわらず、見当違いの方法で失敗した」ということを防止するために、数分割いて、最後まで読んでみてください。

この記事の目次

  1. カスタマーサポート業務を効率化しなければならない理由
    • 顧客ニーズに沿う
    • 顧客満足度を上げて収益アップを狙う
    • ユーザーの声をサービスや商品改善に役立てる
  2. カスタマーサポート効率化においての課題
    • 仕事が属人化している
    • 顧客サポートのノウハウにバラつきがある
  3. カスタマーサポート効率化に欠かせない視点
    • 課題の共有化
    • タスクの見える化/マニュアル化
    • サポートルールの徹底
  4. カスタマーサポート効率化を停止させないために
    • 社内で情報共有できる仕組みづくり
    • カスタマーサポートマニュアルのPDCAを回す
    • チャットボットの導入(顧客向け/カスタマーサポートスタッフ向け)
  5. まとめ

カスタマーサポート業務を効率化しなければならない理由

customer-support_reason

まず、「なぜカスタマーサポート業務の効率化が必要なのか」を考えてみましょう。

カスタマーサポートの良し悪しは、顧客満足度に直結するもので、対応次第で顧客は貴社の商品/サービスを使い続けてくれるかどうかを左右するのです。

特に、貴社の提供するものに似た他社製品がある場合、顧客満足度はより重要な要素でしょう。
では、カスタマーサポート業務の効率化が、ビジネス面で重要な意味をもつ理由を見ていきましょう。

顧客ニーズに沿う

商品を購入した/サービスの利用を始めた段階では、顧客は「疑問」を抱くことが多くありますが、このニーズに素早く的確に応えることが大切です。
基本的な使い方や、より進んだ活用法、使用中に生じたトラブルなど、こういったときに頼るのがカスタマーサポート部門です。

正しい答えがすぐに提示されれば、顧客は満足してくれるはずです。
スピード感をもって対応するためには、オペレーターが効率よく答えをピックアップできる体制を整えておかなければなりません。

また、毎日寄せられる問いの中には、「よくある質問」もあるでしょう。
1日のうち、「よくある質問」にばかり対応することとなれば、オペレーターはより深刻な問題を抱えている顧客への対応に注力できなくなるかもしれません。
深刻な問題を抱えるユーザーの心理に寄り添うことも、オペレーターにとって大事な仕事ですので、すべての問い合わせに満遍なく真摯に向き合わなければなりません。

顧客満足度を上げて収益アップを狙う

顧客の抱えるトラブル/疑問に的確な回答を素早く提示することは、顧客満足度につながり、収益アップにも大きな影響を及ぼします。

カスタマーサポートに満足した顧客は、商品/サービスを提供する企業のあり方にも満足し、根強いファンとなってくれる可能性が高まります。
結果として、他の商品/サービスの購入を検討しはじめたとき、サポート体制のしっかりした企業と取引したいと考えてくれるはずです。

その点でも、カスタマーサポート業務の効率化は重要なのです。

ユーザーの声をサービスや商品改善に役立てる

カスタマーサポート業務を効率化し、顧客の生の声を開発部門にスムーズにフィードバックできる仕組みがあれば、サービス/商品を適宜ブラッシュアップできます。

提供するものの改善は収益のアップにつながる重要なポイントですが、利用者の声を無視した「的外れ」なことだったとき、残念なことにユーザーは利用をやめてしまうかもしれません。
顧客心理に寄り添う改善は、サポート部門から得られる顧客の反応に沿っていてはじめて成立します。

サポート担当必見!チャットサポート導入のススメ

カスタマーサポート効率化においての課題

customer-support_task

では、カスタマーサポート業務の効率化を阻む課題にはどんなものがあるのでしょうか。
課題を押さえておけば、対処しやすくなるでしょう。

仕事が属人化している

カスタマーサポート業務の効率化を阻む大きな原因のひとつに、仕事の属人化があります。
特に営業担当者が存在するときや、過去にも問い合わせをしたことのある顧客は、「いつものあの人に対応してほしい」と思うものです。

ただ、この状況が続けば、対応業務は特定の人材に固定されてしまい、決して効率の良い状態とはいえないでしょう。
営業担当者が離職したときや、オペレーターを指名されるとき、「顧客の状態を知るための情報がない」「特定のオペレーターしか対応できない」といった状況が生まれます。

顧客サポートのノウハウにバラつきがある

カスタマーサポート業務の効率化がうまくいかない原因には、ノウハウのバラつきも挙げられます。
顧客のサポートにあたるスタッフによって、スキルは違います。

スキルの差は、ときに「回答の差」を生み、結果的に顧客の不満をより増大させてしまうことも考えられます。
すべての人材に同じレベルを要求することは難しいものですが、可能な限り高いスキルをもつオペレーターの対応に合わせていかなければ、顧客の不満は生まれ続けます。

以下の記事では、ノウハウ(ナレッジ)を共有することで得られるメリットや共有する上でのポイントなどをご紹介しています。
スタッフによってノウハウのバラつきがあると感じている企業は、ぜひこちらの記事もご一読ください。

カスタマーサポート効率化に欠かせない視点

customer-support_point

カスタマーサポート業務の効率化には、必須の視点があります。
滞りなく効率化するために大事なポイントは、以下の3つです。

課題の共有化

カスタマーサポート業務の効率化を阻む課題があれば、それを関係者全員で共有しましょう。
「何が問題なのか」「どんなトラブルを生んでいるのか」を周知すれば、チーム全体で課題の解決を目指すことができます。

タスクの見える化/マニュアル化

課題がはっきりしたら、仕事を細分化して、「タスクの可視化」「マニュアル化」をしてみてください。

一部の仕事は、特定の人材にしかこなせないかもしれませんが、それ以外の仕事をタスクにし、フロー図を作成してマニュアル化しましょう。
この作業を経ることで、優先順位の高いタスク(仕事)を見分けることができますし、マニュアル作成もラクです。

サポートルールの徹底

マニュアルが出来上がったら、そのルールに則ったサポート業務を徹底してください。
マニュアルを徹底すれば、サポートの質は向上するでしょう。
過去の課題を踏まえたマニュアルは、現場で活きるはずですし、課題の解消に役立ってくれるからです。

ただ、徹底できないのであれば、マニュアルに何かしらの問題があるのかもしれません。
マニュアルの見直しのためにも、ルールの徹底は大切です。

今日から使える!チャットボットお役立ち資料集

カスタマーサポート効率化を停止させないために

customer-support

カスタマーサポート業務の効率化は、一度ルール化/マニュアル化するだけにとどまりません。
より質の向上を追求するため、進化させ続けなければなりません。

そのためには、次の一連の流れで効率化をどんどん進めましょう。

社内で情報共有できる仕組みづくり

まずは、情報共有できる仕組みを作りましょう。

サポート業務の中で触れる、「どのような問いが多いか」「商品/サービスにどんな問題がありそうか」といった情報を共有できれば、顧客にとって今何が必要なのかを全社的に理解できるでしょう。
部署ごとに対応すべきことは違いますが、顧客の抱える疑問や問題が明らかになることで、それぞれのチームですべきことが理解できるようになるはずです。

カスタマーサポートマニュアルのPDCAを回す

カスタマーサポートマニュアルは、常に最新のものに書き換えてください。

ルールを徹底しても解消されない問題が出てきた、寄せられる問いが変化した、といったタイミングでマニュアルを見直せば、顧客満足度を上げると同時に、効率化を加速できます。
PDCAを回すルールを定めれば、業務効率化を停滞させることがなくなり、顧客ニーズの変化にすぐに対応できます。

チャットボットの導入(顧客向け/カスタマーサポートスタッフ向け)

カスタマーサポートを効率化するには、チャットボットの導入も必要でしょう。

顧客をよくある質問とその答え(FAQ)に誘導するチャットボット、オペレーターが適切な回答にスムーズにたどり着くチャットボットの「2本立て」で準備することを検討してください。
24時間・365日稼働するチャットボットがあれば、顧客はよくある質問への回答にいつでも触れることができますので、安心感を覚えてくれるでしょう。

また、サポートセンターの稼働時間中、必要に応じて有人チャットに切り替える機能をもったチャットボットなら、操作に慣れない人やより踏み込んだサポートを求める人もすぐに問題解決できます。

加えて、オペレーター向けのチャットボットも効率化に役立ちます。
顧客対応用FAQのうち、問いに対する返答内容を素早く見付けられるチャットボットがあれば、スピーディーな対応ができますので、負荷軽減に役立ちます。
また、FAQページアクセス状況から特定の問いへの対応優先度も見えてきますので、全社的にもとても有益です。

簡単に作れて、すぐに使える。初めてのチャットボット

まとめ

今回は、カスタマーサポートを効率化するべき理由や効果、効率化を進めるときのコツについてご説明しました。

単に「効率化」といっても、そのメリットは多岐にわたります。
顧客満足度向上、オペレーターのスキルアップ、商品/サービスの品質の向上、社内での情報共有のスピード化など、多くの面で効果があらわれるものです。

弊社が提供するチャットディーラーも、カスタマーサポート業務の効率化に役立つツールのひとつです。
無人対応/有人対応のどちらにも対応していますし、顧客向け/オペレーター向けの作り分けもできます。

また、レポート機能によって、シナリオ分岐によって提示したFAQにユーザーが満足できたかなど、各種データを取得でき、サポート業務の内容を数値で確認できます。

もしもチャットボット導入を検討される場合、ぜひ資料をダウンロードしてください。
気になることがあれば、どんな小さなことでもお気軽にお問い合わせお待ちしております。

https://www.chatdealer.jp/

チャットボットで問い合わせをラクに。
  • 執筆者:ボットマガジン編集部
  • この記事を書いた人

    ボットマガジン編集部

    ボットマガジン編集部です!チャットボットについて、タイムリーでお役立ちな情報をお届けします。

関連する記事